浅草で観光に便利なホテル

羽子板市は浅草の年末に欠かせないイベント

羽子板市は、年末の風物詩ともいえる浅草の代表的なイベントの一つです。

毎月18日には観音様のご縁日で賑わいますが、12月18日は納めの観音と呼ばれ多くの人が参拝に訪れることから、浅草寺の境内にたくさんの露店が出て正月用品や縁起物などが売られるようになり「歳の市」と呼ばれるようになりました。羽子板は江戸時代から多く売られていましたが、明治中期になると羽子板が主要な商品となってきて、昭和25年頃から羽子板市の呼称が定着しました。

現在は、12月17日から19日までの3日間開催されています。羽子板の羽根は、悪い虫を食べるトンボに似ていることから、病気などの悪いことを食べてくれるもの、羽根についている丸が豆に似ていることからマメに暮らせるものと考えられて、遊び道具としてだけでなく、縁起物として求められていました。それが、女の子が誕生したら羽子板を贈るという風習につながり、華やかな羽子板が作られるようになります。

羽子板市では装飾用の大きなものから、女の子の誕生に贈るのにふさわしいもの、実際について遊べるものなど、さまざまな羽子板が売られています。絵柄は歌舞伎絵や踊りの名場面などの古典的なものが中心ですが、その年の社会的に注目された話題の人物を模した変わり羽子板なども出て、イベントを盛り上げます。お客と店主とのやり取りも浅草という下町ならではの活気があり、店主の口上や商いが成立した時の三本締めなど華やかな雰囲気で、一年の締めくくりにふさわしいイベントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *