浅草で観光に便利なホテル

浅草のイベントとご利益のある舞の紹介

浅草は、大きな提灯が印象的な風雷神門や落語が楽しめる「演芸ホール」など数多くの観光スポットがある地域であり、歴史的建造物が数多く江戸時代の下町の風情が今も残っている事から「三社祭」や「節分会」などの歴史あるイベントも数多く開催されています。

近年では、リオのカーニバルを模倣した「浅草サンバカーニバルコンテスト」や十二番角力に倣った「泣き相撲」など新しいイベントも多く、通常夜間には静まり返る境内や仲見世通りなどをライトアップした「夏詣」や「浅草とうろう祭り」などのイベントが行われ子供から大人まで楽しめる観光スポットとなっています。浅草寺では、「福聚の舞」や「金龍の舞」及び「白鷺の舞」など様々な舞が奉納される神事が行われ、「四万六千日ほおずき祭り」や「歳の市羽子板市」など風物詩となっているイベントも多く行われている寺院です。

福聚の舞は、2月3日の節分会や5月5日の端午の節句で奉納され、浅草猿若三座の1つである市村座で江戸時代末期~明治初期まで演じられていた狂言を起源とする神事です。福聚の舞は、観音経の福聚海無量を語源とすることから観音菩薩の福徳が得られる神事であり、本尊の観音菩薩像を隅田川から拾い上げた檜前浜兄弟に因んだ漁師姿で舞っています。金龍の舞は、本尊示現会や10月の観音菩薩の縁日などのイベントで奉納される神聖な舞であり、天上から遣わされた金龍が隅田川の川沿いの泥沼の待乳山を守護した伝説に基づく神事です。金龍の舞では、8、888枚の鱗を持つ全長18mかつ総重璽88kgの金龍を8人で担ぎ操る神事であり、末広がりで縁起の良い「八」尽くしでめでたいとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *