浅草で観光に便利なホテル

浅草のイベントと概要の紹介

浅草は、5月第3週の金曜日~日曜日の3日間に行われる三社祭や8月下旬に行われる日本最大の浅草サンバカーニバルなどのイベントに加え、2月の節分会や四万六千日ほおずき祭り、歳の市などのイベントが季節の風物詩として全国的にも有名です。

また、1月だけでも待乳山聖天の大根祭りや新春浅草歌舞伎などのイベントが行われ、2月も節分会や淡島堂の針供養など数多くのイベントが行われています。6月には、茅の輪くぐりが行われる夏越大祓や都内で最も重い千貫神輿が練り歩く鳥越際が営まれ、7月には下町七夕まつりや入谷鬼子母神の入谷朝顔まつりなどのイベントが行われています。大根まつりは、待乳山聖天のにお供えされる大根を蒸して参拝者にお裾分けしており、ふろふき大根を食すことで十一面観世音菩薩の化身とされる大聖歓喜天のご利益が得られる神事です。

境内の巾着は、大聖歓喜天のご利益によって得られる商売繁盛や財運の大きさを示しているとされ、大根と巾着が待乳山聖天のシンボルとなっています。鳥越祭は、鳥越神社の御本社神輿を天孫降臨の際に道案内をした猿田彦大神や五色の旗を持った子供達が先導し、22ヶ町の約60基の神輿が練り歩きます。夜間には、神輿の弓張提灯や高張提灯が灯り荘厳かつ幻想的な雰囲気を醸し出し、境内には200を超える露店が見学者を楽しませています。入谷朝顔まつりは、江戸時代後期から明治時代初期まで開催されていた縁日であり、昭和23年に再開されるとともに東野圭吾の推理小説「夢幻花」に登場している縁日です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *