リフォーム費用はなぜ高いのか

中古住宅の流通が進まない背景には、リフォーム費用がどれくらいかかるか分からないという問題があります。リフォームにおけるトラブルもよく耳にします。その多くは悪質な業者による不当な請求ですが、一般消費者からすれば「不透明で高い」というイメージがあるのも事実です。リフォーム費用が高くなりがちな理由は、建物の内部が分からないからです。

設計図・施工図など新築時の情報がなく、履歴も残っていないために、リフォーム会社は建物の状態が判別できませんので、実際にどこまで費用がかかるのか判断することができないのです。内部が分からない状態で、見積もりを作らなければなりません。低めに見積もって、実際に施工したら予想以上に費用がかかった、では赤字になってしまいます。追加費用を請求して、納得してくれるお客さんはなかなかいないでしょう。

したがって、どうしても高めに見積もらざるを得ないというわけなのです。消費者としては、見積もりを取る際に、安く済む場合と上限の両方を提示してくれる会社を選ぶことでこれを防ぐしかありません。実際には、予想よりも安く仕上がる場合もあります。また、リフォームは現金がないとできないわけではなく、ローンを使うことも可能です。

住宅ローンに修繕費用を含めるなど、比較的低金利で返済期間も住宅ローンと同様に、長期で組めるものも出てきました。借り入れのできる金額を事前に把握することができ、より具体的な資金計画を立てることができるようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です