快適なユニットバスへのリフォームがおすすめ

現在の浴室が古くて寒いとお悩みの方はいらっしゃいませんか。昭和時代に建設された住宅の多くは、作り付けのタイル壁やタイル浴室が主流で、建築年数の経過によってかなり老朽化が激しくなっている例が多く見られます。タイル浴室の独特の風情が好きで、なかなかリフォームに踏み切れなかったという方も、最新のユニットバスへのリフォームを実施してみたところ、その快適性にきわめて満足したという話もよく聞かれます。ユニットバスの性能は年々向上してきており、リフォームによって古い浴室につきものの寒さや水漏れ、使い勝手の悪さなどの悩みが解消します。

0.75坪の標準的な仕様であれば、本体の価格がおよそ50万円前後から選ぶことができますので、工事費を加算してもおおむね70万円前後でユニットバスへの交換が可能です。作り付けタイプの浴室の場合には基礎工事や壁の解体などの追加工事が発生する場合もありますので、詳細についてはリフォーム会社と相談して見積もりを出してもらうことがおすすめです。1坪タイプや、より広くて余裕のある1.25坪タイプなど、住宅の事情に合わせた広さにしたり、浴室乾燥機や乾燥床、オーディオシステムなどの付加価値を高めたグレードの高いタイプを選んだりということも良いでしょう。予算や家族の希望に合わせて理想的なユニットバスを実現してみてはいかがでしょうか。

各住設機器メーカーの製品を相互比較できるウェブサイトもありますので、一度閲覧してみることをお勧め致します。窓の騒音対策のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です