フロアコーティングのメリットとデメリット

フロアコーティングの強みはなんといっても床の汚れが落としやすくなることです。特にお子さんがいる家庭では食べ残しをはじめ、床を汚してしまう機会が多くあります。通常の床ですと、真面目に拭いていても汚れを残してしまうことも多いのですが、フロアコーティングをすれば濡れ雑巾でさっと拭くだけなので時間短縮にもなります。また、擦り傷に強い性質を持っていますから、ダイニングで椅子を押し引きするような箇所にコーティングを行う人も多くいます。

通常の床だとすぐに傷になってしまいますが、コーティングは一度施してしまえば基本的に傷がつくようなことはありません。そしてなにより、部屋の雰囲気が明るくなるメリットがあります。コーティングのお蔭で太陽光や照明の光が床を照らすと、フロアコーティングが程よく照り返してくれるので、部屋全体が明るく見えるのです。反対にデメリットとして挙げられるのは、もし床に傷が出来てしまったときに感嘆に補修できない点です。

基本的にはホームセンターで販売している補修キットを使用すれば直すことは出来ますが、フロアコーティングがされている床はその色合いを再現することが出来ません。よって補修した部分だけくすんだ色合いとなってしまい、逆に目立ってしまうのです。また、なにかしらが原因で大きな補修工事を行う場合、コーティングをやり直さなければいけなくなるので予想外の費用が発生してしまうこともあるので、注意が必要です。窓の対策のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です