ユニットバスのリフォームについて

通常のお風呂よりも一体化された工法によって安価にできるユニットバスは、アパートやマンションだけでなく、一戸建ての家にも導入されている方式のひとつです。そのユニットバスをリフォームするポイントとしては、在来工法浴室のコンクリートやタイルでできている浴室は、季節に左右されやすく冬場は寒く夏場は高温となりやすいため、ユニットバスへのリフォームが特に勧められています。リフォーム自体も在来工法浴室よりも安価となっており、工場であらかじめ成形しておいた部品を組み立てるため、リフォームにかかる時間も短くて済み、気密性が高く断熱素材でできているため季節に左右されにくく、また日々のお手入れが楽であることもメリットとなっています。ユニットバスへのリフォームの価格は、どのタイプや大きさの浴室にするかによって上下します。

また、シンプルグレードとハイグレードで分けることができ、機能性を重視するか価格を重視するかといったことを考慮に入れる必要があります。工事費の相場としては約35万円から40万円程度とされており、既存浴室の解体撤去作業や、組み立て費用、給排水管工事、電気系統の工事、浴室ドア周辺の工事などの基本的な工事費用が発生します。また、現在ではオーダーメイドで様々な浴室の大きさに対応できるメーカーが増えたため、すでに完成されている個体から少々の手直しを行うオーダーメイド費用なども必要になる場合があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です